検索
  • D1_Tatara

近況報告


D1の多々良です.

梅雨でじめじめしていて,心までじめじめしそうです.

特に何があったというわけではないのですが,なんとなく気が向いた(レジンの洗浄の待ち時間で書いております.)ので,久しぶりにblogを書こうかなと思います.(徒然な内容になっております,ご了承ください.)


研究する場所が宇宙研に代わって,早くも4か月たちました!私は3月頭に引っ越したので.

いやー,早かったですねえ.本当にあっという間でした.私はやっと慣れてきたところってかんじなのにです.


できたてほやほやの研究室なので,宇宙研内の研究室を超えた交流はまだあまりない(7階の赤外やX線グループは研究室を超えて学生ゼミをやっているそうです.)ですが,今後はそういうのもやっていきたいなあと個人的には思っているところです.



話は変わりますが,8月頭に第63回構造強度に関する講演会がオンラインで開催されます.

宮崎研からは,私D1多々良が

「力学的相似則に基づく小型モデルでの地上試験結果を用いたスピン展開式ソーラーセイルの展開挙動予測」,

M2の貝田さんが

「宇宙膜面構造物の粘弾塑性を考慮した折り目形状予測の高精度化」

というタイトルで発表させていただきます.


あと,3週間くらいなので,解析のことも考えてそろそろ発表資料をつくらないといけないと思い,今週から作り始めたところです.もちろん,発表当日も頑張ります!!


構造強度や宇科連は去年に引き続き今年もオンラインです.ちょっと残念です.

でも,ISTS が2月末から3月末にかけて行われるのですが,それは現地開催(別府)らしいです.これを皮切りに学会は現地開催が増えていくのではないかなと個人的には思っています.そうなってほしいです.ちなみに,私はISTSで今進行中の開発について発表しようかなと考えています.


同じ宇宙研で研究している学生も「発表するかもー」といっていたので,旅行気分でちょっと楽しみです.〇木〇さん!別府のお土産は買ってきます笑


宇宙研は院生の研究へのモチベーションが高く,「研究しよう!」という雰囲気が強いので,私個人的には,総研大に進学して,宇宙研に移動したのはよかったのではないかなと思っています.(別に日大が研究へのモチベーションが低いというわけではないですよ.)


これからも頑張っていこうかなと思います.←急に雑笑

そろそろレジンの洗浄も終わりそうなので.


それでは!!



      加工機のある部屋からとった写真です.今は晴れてるので青空です.


133回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kibo-RPC